ディスクロージャーポリシー

1. IR基本方針

株式会社CSSホールディングス(以下、当社)は、ステークホルダーの皆さま方に公平で正確な情報を適時提供するため、証券取引法等の諸法令並びに、株式会社東京証券取引所の定める「適時開示等に関する規則」に沿ってディスクロージャーを行っています。また、当社は単に法令を遵守するだけでなく、企業の社会的責任を積極的に果たす企業市民の一員として、適時開示規則に該当しない情報につきましても、積極的に開示していく所存です。当社は、情報開示にあたっては常に公平性を最大限尊重し、ステークホルダーの皆さま方と適切なコミュニケーションの機会を提供して参ります。

2. 情報の開示方法

情報の開示は、株式会社東京証券取引所への事前説明の後、同規則に従って「証券取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」(以下、 EDINET)および各報道機関に公表します。開示された情報は、EDINETへの登録および報道機関への公表後、速やかに当社ホームページに記載する形となります。なお、様々な不確定要因により、これら情報の当社ホームページへの掲載が遅れることもございますのでご了承ください。

3. 業績予想および将来の予想について

当社では、EDINETや報道機関に開示する収益予想に加えて、株主や投資家やアナリストの皆さまが自ら当社の業績予想を立てられるよう、当社の発行する書面やホームページに、現在の計画、見通しなどを提供する場合があります。現在の計画、見通し、戦略などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは各資料発表時点において当社の経営方針に従って入手可能な情報に基づき、作成したものです。したがって、主要市場における経済情勢、製品・サービスに対する需要動向、為替相場の動向、天候など、様々な不確定要因により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。なお、業績に影響を与えうる要素はこれらに限定されるものではありません。また、掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りやデータダウンロード等によって生じた障害等に関し、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。また、当社ホームページは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、あくまでも利用者ご自身のご判断において行われるようお願いします。

4. 沈黙期間について

当社は、公平性の観点および情報漏洩防止のため、IR活動について沈黙期間を設けており、当該期間中、未発表の決算に関する一切のコメントやご質問への回答を差し控えさせていただいております。ただし、当該期間中に適時開示規則に該当する重要事実が明らかになった場合には、速やかな情報開示を行います。
なお、沈黙期間は下記の通りとなっております。

決算期日 沈黙期間
第1四半期 12月31日 決算期日翌日~第1四半期決算発表 (例年2月中旬) まで
第2四半期 3月31日 決算期日翌日~第2四半期決算発表 (例年5月中旬) まで
第3四半期 6月30日 決算期日翌日~第3四半期決算発表 (例年8月中旬) まで
本決算期 9月30日 決算期日翌日~本決算発表 (例年11月中旬) まで

なお、沈黙期間内であっても、既に公表済みの事実に関するご質問については対応いたします。

株主・投資家の皆さまへ
PAGE TOP